窓から入ってきた招かざるもの(娘が逃げる理由)

スポンサーリンク
家族エピソード
この記事は約2分で読めます。

窓から入ってくる招かざるものといえば・・・・。

我が家では「虫」です。

フロアが5階なのであまり虫は入ってこないのですが、植物がベランダにあるせいで、結局虫が入ってくる(植物がなくなると虫が入ってこなくなる)。

一番、嫌がられるのは「カメムシ」である、独特な匂いがするので、殺さずにティッシュでくるみ外に解き放っている。

アースさんなにか良い撃退方法がないでしょうか。人類の未来のために強力なカメムシキラーの開発を求めむ。

スポンサーリンク

窓から入ってきた者

猫の鳴き声が聞こえる

招かざるものではなく、招きたくなるものがベランダにいた(少なくとも私たちの視点では)。

どこからきたのか分からないが、外で「にゃー、にゃー」と猫の鳴き声が聞こえるのだ。

どうやらベランダに小さ子猫が迷い込んできた。

私はあまりにも可愛い子猫だったので、娘も喜ぶと思い窓を開けて子猫を招き入れたのだ。

娘が恐れたもの

そして、窓を開けた時に娘が騒ぎ出したのだ。

娘の一言。

「ギャー!パパ、部屋に入れないでーーー!」

と、叫んで娘はトイレに逃げ込んだ。

「へ? ちっちゃい子猫だよ。襲われないよ。なんで?」

「食べられるーーーー!

食べられる????

娘には子猫がライオンに見えたのだろうか?大きさも娘の方が何十倍も大きいぞ。どのようなバランス感をもっているのだろうか・・・。

おいおい相手は片手に乗るほどの子猫だぞ。

今になって娘に聞いても理由は分からないとのことである。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました