AdSense謹慎処分の終了

スポンサーリンク
サイト運営
この記事は約3分で読めます。

「Google AdSense」広告停止をされていたことを何度か言及していましたが、やっと謹慎処分が解けて広告が配信されるようになった。

皆さんは自分のサイトの表示確認をしていて、「あ!」と気になった広告をクリックしたことありませんか?

私は面白そうなゲームを見つけて何度かクリックしたことがあり、これが原因でGoogleさんから怒られてしまった。

スポンサーリンク

辛くて寂しい謹慎中

配信停止中は寂しいの一言でした。

私は自動広告を設定している。こうするとデザインが壊れるため、あの手この手でバランスを取っていたが、全く手間がかからないので寂しいの一言でした。

今後は自分のサイトで誤クリックしないように、注意しながらサイト運営に気をつけたい。

これを機会に今回は私とAdSenseと運用記録を振り返りたいと思う。

これからAdSenseを始める方への参考になればよい(ちなみに、私もまだお金としての収入まで至っていないので十分な初心者である)。

AdSenseの履歴

2018年1月8日 AdSenseへ利用申請

HTMLのコード貼り付けだが、このころはWixを使用していた(WixではHeadにScriptコードの貼り付けはできません)。

暫定的にWordPressを立ち上げて、HTMLコード貼り付けによる管理者認証と20程度の記事をアップしAdSense審査を受けた。

2018年1月28日 AdSenseの審査合格

何度か申請を繰り返しやっとGoogleの審査も承認され合格した。また、AdSenseの勉強を始めるために、AdSenseの本を購入した。 (目新しいことは書かれていなかったが、私も形から入るタイプなので購入した)

Google AdSense審査通過事例
広告収入というキーワードが気になり、ブログでの収益の方法を調べてみた。どうやらGoogleのAdSenseが近道と、分かり早速アカウント申請を行った。 AdSenseは審査が厳しいと聞いているので、ぜひ参考にしていただきたい。 私のブロ...

2018年3月25日 配信の停止連絡

このたび、お客様の AdSense アカウントにおいて不正な操作が検出されました。そのため、お客様の AdSense アカウントを 30 日間一時的に停止いたします。アカウント停止期間中は、お客様のサイトに広告は掲載されません。アカウントの停止は一時的な措置であり、異議を申し立てることはできません。30 日間の停止期間が終了すると、お客様のアカウントへの広告配信が自動的に再開されます。 

上記のようなメールとともに配信停止となるので、皆さんも誤クリックには注意が必要だ。

メールにも記載されているが、「異議を申し立てることはできません。」というのは結構なショックを覚えている。

また、30日も経てばアクセスカウントもすっかり0カウントで綺麗になる。

2018年4月3日 支払先登録(一定金額の広告収入時点)

謹慎中ではありますが、広告金額が一定額を超えたこともあり、支払先を登録するようなメールが来た.

なお、「一定金額」を超える前は、管理画面で”お客様には必要ありません”と結構ストレートな表現で笑える。

また、PINコードの送付案内(上記写真の右側)があるのですが、AirMailはいまだにこない。

郵送されるPINコードを登録してやっと登録した銀行にお金が振り込まれるようだ(「請求先?」というのが気になっている)。

実際に振り込まれるには8,000円以上の広告収入が必要で、まだまだ先が長い話なので様子を見ることにしている。

 謹慎中だからPINが郵送されないのかな?。どなたかご存知であればアドバイスをいただきたい。

2018年4月24日 配信開始

謹慎処分が解けて配信開始した。

反省

今回はこちらの不手際でこのようなことになった。

一歩間違えると当方の「詐欺」にもあたることなので、ある意味我々を守ってくれた行為と認識してGoogleに感謝したい。

それとこれは別だが早く8,000円超えることを楽しみにしている。まずは集客に心がけていきたい。

話は変わるが、平行して「medi8」も利用していたが、6月いっぱいでサービス終了のメールがきた。

インプレッション成果(クリックしなくても広告表示で成果)になるサービスはあまりないのでショックであった。

0

スポンサーリンク
サイト運営日記ブログ
スポンサーリンク
刹那をフォローする
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました