函館の七夕はハロウィン祭りだ

スポンサーリンク
日記ブログ
この記事は約2分で読めます。

今日は七夕である(本日は2回目の投稿)。

七夕というと天の川で織姫と彦星が1年に1回デートをする日だ。

イベントとしては、笹の葉に飾り付けをし、短冊に「願い事」を書くという内容ですね。

天の川というロマンチックなところもあるが、イベントとしては一味足りない印象がある。

しかーーーし。

スポンサーリンク

和風のハロウィン in 函館

函館の七夕はあまり知られていないが「和風のハロウィン」なのである(仮装はないけど)。

函館の七夕祭り

函館の「七夕」は「七夕祭り」と呼ばれている。

「祭り」というからにはもう少しイベントごとがあるのだ。(私は他の投稿での紹介したように、函館出身である)

(以下、歌 ♪)

“竹に短冊七夕祭りおおいに祝おう、ろうそく一本ちょうだな!”

と子供達が集まって、他人の家の玄関前で歌うのだ。

そうすると、中で待機していた大人が、子供たちに用意した「ろうそく」と「お菓子」を渡すというイベントが行われる。

で、最後はお決まりだと思うが、誰が一番ろうそくを集めたか、ということを競うのである。

そして家に帰り七夕の笹の葉の短冊に祈るのである。「♪ 笹の葉、さらさらのきばに揺れて・・・。」と歌ってイベントが終わるのである。

まさに和風の「ハロウィン:トリック or トリート」である(いたずらはしない)。

函館の七夕「ロウソク貰い」の特徴や由来とは?ハロウィンとの関係は? | 北海道情報まとめ
インターネットが発達した最近ではよく知られた事実かもしれませんが、函館市の七夕まつりは全国的にも珍しい特色があります。 なんと、ハロウィンのように子どもたちが家々を回って、ろうそくとお菓子を貰い歩くのです。 いわゆる「ロウソク貰い」という風習ですね(こんな正式名称があるなんて大人になってから初めて知りましたが)。

夏とともに「七夕祭り」が終わり「港まつり」

いつも七夕が近づくと子供達がワクワクして、お線香を持って七夕祭りを楽しみにしていた。

このイベントは夏が始まる合図であり、そして、もうすぐで夏休みという意味でもあった。

「七夕祭り」が終わると次は「港まつり」が続く。こうして楽しみ沢山の函館の夏が始まる。

そうそう、函館の夏休みは一ヶ月くらいである(冬休みも一ヶ月くらい)。

関東の夏休みは1.5ヶ月と長く羨ましく思っていた。が、逆に関東の冬休みは0.5ヶ月と短かったんですね。

今日は、娘と妻で笹の葉を折り紙で作って、ラスカル軍団・ラビ軍団が願い事を書いて飾った。

明日は願い事を公開して遊ぶつもりである。

(ラス軍団とラビ軍団の笹の葉に願いを込めて)

0
スポンサーリンク
日記ブログ
スポンサーリンク
刹那をフォローする
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました