MYSTな休日(休日の過ごし方)

リアル謎解きにハマった、 大人の休日の過ごし方を紹介します。

北の国から初雪の妖精

f:id:m-golxy:20181026070748j:plain

(1,800文字程度)

 最近めっきり寒くなりました。災害とまで言われた猛暑が嘘のようですね。

 もうすぐ冬です。私が一番好きな季節がやってくる。

 冬の独特で冷たい空気が凛としていて心の感覚も研ぎ澄まされシャープな感じがするのが大好きである(この感覚を文章で伝えるのが難しい)。

 

子供の頃の思い出は「初雪の妖精」

 冬が近づくと北海道(函館)で遊んだ子供の頃を強く思い出す。空気が冷たく澄んでいるのか、夜空が綺麗で星座を確認するのが好きだったなあ。

 今頃の函館では「雪虫」という名前の虫が空を舞う頃だ。「雪虫」それはまさに妖精のような虫なんです(見た目だけですが)。

 3mm程度の黒い虫ですが、体に白く綿状になったものをまとっていて、見た目が雪のように見えることから雪虫と呼ばれている。

 北海道では初雪が降る頃に空を舞うことから、「雪の妖精」とも呼ばれているのだ。とにかく雪と似ているので、「あ、初雪!」と勘違いをするほど。

 小さくて可愛くて、てぶくろの中でそっと捕まえて観察して遊んでいた。

 冬の函館は良かったなー。子供の頃を思い出す。

神秘的アートのダイヤモンドダスト

 あと、冬に見たいものといえば「ダイヤモンドダスト」ですね。

 函館では見ることはできませんが、それなりに夜は寒いので見れるのかしら?シバれて(方言ですね)鼻の中が凍り、指で押すと「ジョリ、ジョリ」という音が心地よかった。

 場所は覚えていないが一度見た記憶があるのだ。見れる条件は以下のとおり。

・とにかく低い気温であること。氷点下10度以下。
・無風(空気が澄みきっている)であること。
・晴れ・快晴であること。
・明け方、朝であること。
・湿度があること。
・視程が1km以上。

 -10℃以下という寒い日にしか見ることができないと言われていて、氷の結晶が光に照らされ空を舞っているという状態です。それはもう綺麗な芸術作品です。まさに自然が生むアートですね。漢字で書くと「細氷(さいひょう)」だそうです。

 デート中にこんなアートを見たら意味もなくカップルが出来上がってしまう。狙っている異性がいたら是非ともご一緒に狙ってみてほしい(あらかじめ天気予報とか事前調査が必要)。

 あくまでも自然現象なのでダイヤモンドダストが見れない場合は、童心にもどり雪合戦でもして楽しんでください。

 いずれにしろ、雪と女性はベストマッチです。スキー場にいる女性はみんな綺麗で、私も無意味に惚れっぽくなる。

冬のイベントは盛りだくさん

 そして今の我が家では冬(12月〜2月)のイベントがものすごく沢山あり楽しみである。

 娘の誕生日、私の誕生日、妻の誕生日、クリスマス、大晦日(夜更かし)、お正月、スキー旅行と盛りだくさんです。もちろんイベントといえば娘の好物の餃子が定番だ。

 そして最大のイベントといえばクリスマスで、私が一年の中で最も楽しみにしているイベントがやってくる。

 街全体がイルミネーションで飾られ気分が最高に盛り上り、街にはサンタさんが出没していて、見てているだけで気分がハイになる。

 部屋ではクリスマスツリーを飾り、手にはチキンレッグを音楽はクリスマスソングが流れる。

 私はキリストと関係がないので指摘されてしまうが、キリスト教云々ではなくクリスマスツリーのトップを飾るベツレヘムの星「八芒星」が天文学的な観点での解釈も多々あり、なんとも神秘的で宇宙との関連性やムー大陸といった感じもうっすらと感じるという意図で注目している。

 話は戻るが、娘も小さい時はサンタさんを信じていた。

 スキー旅行から帰ってきたら、サンタさんがツリーの下にプレゼントを置いていった。というサプライズを用意したのですが、信憑性がなかったため、「怪しい!」と責められて、バレてしまった。

 それからは娘がサンタさんに成りきって100均コスプレをしている。大きな袋の中に隠れ「メリークリスマス!」と飛び出し動画も作って遊びました。

最後に

 私も上京して数十年、もう冬に帰省なんてできないだろうな。

 妻と娘と一緒に雪虫ダイヤモンドダストを見せてあげたいな。GLAYの歌じゃないけど、北海道の良さを娘に教えて、パパはこんな街で育ったんだよと教えてあげたいです(函館の夜景は娘に見せることができ、娘もハイテンションで大満足)

f:id:m-golxy:20181025215109j:plain