MYSTな休日(休日の過ごし方)

リアル謎解きにハマった、 大人の休日の過ごし方を紹介します。

良くも悪くもアパホテル&リゾート

f:id:m-golxy:20180328202107j:plain

 昨日のミラコスタに続き、本日はアパホテル(東京ベイ幕張)に宿泊した。このホテルを選んだのは、3人のベットがありリーズナブルで、TDRの近辺で探した。いつもであれば新浦安のブライトンを利用していたが、リーズナブルなプランがなかった。

アパホテルへ宿泊

 TDSを後に、舞浜から幕張まではJRで移動する。21分程度で着いたので問題はなかったが、TDSで歩いた距離が15Km(自覚症状が無い)で足がダメージを受ていて、さらに幕張からの10分程度の徒歩が結構辛かった。家族3人が無口で黙々と歩き、ホテルに到着した(エントランスが派手に煌びやかだ。正直、私の好みとは違う)。仕事でもアパホテルが利用したことがあるが、経験上ではどこもゴチャゴチャ感を強く感じる。面白いのは「自動チェックイン」で、フロントの端末に名前を入力すればチェックインができる。クレジットカードやアパカードがあれば簡単にチェックインができるのだろう。

 ここで疑問なのだが、ビジネスホテルとしては理解できるが、このホテルの名前が「アパホテル&リゾート東京ベイ幕張」である。正直「リゾートホテル」なので自動チェックイン端末は違和感を感じる。(人間による接客に力を入れた方がスマートで美しい)

エレベータで割り込みあり

 チェックイン後、20階に向かうためエレベータ待ち(結構混んでいる)をしていると、後ろから割り込んでくる客がいた。多分本人達は割り込んだ感なかったのかもしれない。一般的にエレベータへの乗車客が少なく、待っている人がみんな乗れるレベルであれば、順番に乗り込まなくても問題はないが、混んでいる場合は待っている順番に乗り込むのがマナーである。海外宿泊者ですら待っているのに日本人がこれではダメである(日本語で会話していたので判明した)。ホテル側でエレベータの前で誘導することを考えてほしい。

大浴場はポイント高い(ルームキーの意味は?)

 このアパホテルには「大浴場」がある。私は大浴場を気に入っていて、仕事での利用の時はリラックスできる。

 ここも疑問に思ったが、「大浴場の利用にはルームカード持参」と案内にあるが、どこで使うのかわからない。浴場の前にカードを読み込ませる機械があるが、カードを通すとどうなるのか説明がなく、カードを通さなくても普通に利用できる(入湯税が課金されそうです)。

ということで大浴場で疲れも十分に取れ、気持ちよくおやすみなさい。

エレベータが混んで上にも下にも行けない

 今回の宿泊で一番問題と思ったのはこの時だった。7時30分に身支度を終えて、20階からフロントに降りるためエレベータ待ちをしていたが、一向にエレベータは来ない。やっときたと思ったら、めちゃくちゃ混んでいる。これを2回繰り返したので、直接降りるのは断念し、最上階の50Fから折り返すことにした。しかし、同様にいっぱいで乗れない。これも何度か繰り返し30分待ったが見通しがつかなかった。しょうがないので、20階から階段を使って降りることにした(大きな荷物持ちでのこれはキツかった)。

時間が読めないのは致命的

 仕事にしろ遊びにしろ、今の生活で30分の時間ロスは致命的だ。どんな形でも遅刻はクレームになりかねないと思う。(本日TDL満喫の日で「プーさんのハニーハント」のFPは間に合ったからクレームはしない)

最終評価

 結果的に、アパホテル(全部とは言えないが、大阪も幕張も同じ印象です)は厳しい言い方をすると、よくも悪くも中途半端な感じがする。リーズナブルなのは認めるが、それがそのまま、中身の雑さを表しているようだ(ビジュアル面、品質・管理面)。それを外見を良く見せようと無理に派手な装いをしているようで心が痛む。

2018年TDR

 「2018年TDR」はミラコスタを堪能し十分に楽しむことができた。春のTDRは春休みの影響で平日でもめちゃ混みなんですね。めちゃ混みを学習したので、来年は「夏 or 冬」かな?(ホテルは新浦安「ブライトン」が我が家のお勧めだ!)

イッツ・ア・スモールワールド」、「ホーンテッドマンション」、「ミニーの家」が工事中でした。早く改装終わらないかな?楽しみです。