MYSTな休日(休日の過ごし方)

リアル謎解きにハマった、 大人の休日の過ごし方を紹介します。

ミラコスタ宿泊で貰える3大特典(+思い出)

f:id:m-golxy:20180326213907p:plain

 今、私たちはミラコスタに来ている。毎年TDRに遊びに来るのが恒例の行事である。今年は娘の卒業祝いも兼ねていたので、最初は大阪のUSJに行こうと考え毎月お金を貯めていたが、娘に「NO!」と力強く否定された。いつもと同じくTDRに一泊じゃつまらないと思い、思い切ってミラコスタ(3人で74,000円)に宿泊することにした(毎年一泊はするが近くのホテル一泊が精一杯)。娘が嫌う理由は移動に片道3時間以上かかるので往復で6時間も遊べなくなる時間を嫌っているのだと思っている。この新幹線代をミラコスタにつぎ込むことにした。娘はこれからUSJに行く機会はあると思うがミラコスタ宿泊は、なかなかチャンスが少ない。そういう私もUSJは妻と行ったことはあるが、ミラコスタは初めてである。そう考えると、娘の考え方は合理的だと言える。このような経緯で初のミラコスタとなった。

www.disneyhotels.jp

2018年TDR計画

 流石に土日は費用的に無理なので、思い切って平日に3日間の休暇をもらった(会社の同僚にも、「初のミラコスタに行って来ます」という理由で休みをもらった)。

 月:「ミラコスタ」へチェックイン

   ミラコスタに一泊

 火:TDS満喫(ハッピー15:15分前に入園ができる特権)

   幕張のアパホテルに一泊

 水:TDL満喫(夜は埼玉に帰る)

ラスカルに留守番番長を任せる

 まず最初に連れて行くぬいぐるみの選考から始まるが、当然、ミニー、ダッフイー、シェリーメィとなる。昔、中型ラスカルを連れて行ったことがあるが、TDRのスタッフからもそれなりにウケた。流石に今の大型ラスカルは連れて行けないので、今回もラスカル(大)はお留守番として「留守番番長」をやってもらうことになる。

f:id:m-golxy:20180326201943j:plain

TDS到着(リゾートラインでシーステーション)

 舞浜に着き、ます最初に行ったお店はコンビニ(舞浜駅の隣のNewDays)である。ミラコスタ近辺での夕食費用は破壊力が大きいため、ミラコスタでキャンプができるくらい夕食分と朝食分を買い込んだ(いざ、出発!)。「ミラコスタホテル」への行き方が分からなかったが、舞浜からモノレールにのってシー・ステーション駅を降り周りを見渡すと先方に「ミラコスタ専用改札」があり、早速優越感に浸る(この改札は一方通行なので注意が必要)。改札を抜けると、そこはすでにTDSMYSTの世界)である。季節的にも桜が満開で、MYSTの世界と日本風の桜が融合して素晴らしい光景である。

f:id:m-golxy:20180326202604j:plain f:id:m-golxy:20180326202706j:plain

15時にチェックインをして、フロントでいくつかうれしい特典がもらえる。

  1. 右上:部屋のルームカード×3枚(我々の名前を印刷したカード)
  2. 中下:ハッピー15×3枚(15分前先行入園券)
  3. 左上:リゾートラインパスポート2日間有効

f:id:m-golxy:20180326203124p:plain

特に1番は記念になる。また、3番は舞浜の駅の左側でチェックインできる場所があり、そこでもパスポートがもらえるようだ。実質そちらの方が舞浜からTDSへ電車賃が浮くのでお得となる。チェックイン後に早速ホテル内のショップへ。ここではミラコスタ限定品があり、私も思わずフォトスタンドを購入した(実は宿泊しなくても購入可)。エレベータに乗りしばらくすると、「3F到着ーー!」とミッキーが案内してくれる。部屋に入ると娘は大はしゃぎで走る回っている。床・壁・天井などいたるところにミッキーがいる。アメニティも使うのが勿体無いので、あらかじめ自前でシャンプーなどを持参するべし。

 とにかく本日はホテルの冒険&写真撮影で家族の思い出をたくさん作ろう。