MYSTな休日(休日の過ごし方)

リアル謎解きにハマった、 大人の休日の過ごし方を紹介します。

「伝説のさくらを探せ」謎解きレビュー

f:id:m-golxy:20180318170321j:plain

 気候もすっかり春らしく暖かくなり、リアル謎解きも「春」をテーマにしたものが多くなっています。本日は身近なところで、「都営荒川線」の沿線で行われている謎解きに参加した。

謎解きの流れ

  1. パンフレット所得
  2. パンフレット内の謎解き(謎1〜謎3)
  3. 謎1〜謎3を解いて指定の駅に移動
  4. 3つの手がかりを収集
  5. 3つの手がかりから指定の駅に移動し宝物をゲット(ゴール)

謎解きの進行

パンフレット取得

 私たちはさいたま市からなので、王子駅で1日乗車券を購入することにした。が、どこのパンフレットがあるのかわかりづらい。案内では「電車車内のボックス」と書いてあるので、まず都電に乗るため王子駅で1日乗車券を購入した。が、混んでいたせいですが「ボックス」が分からない。そのまま荒川電車営業所まで移動しパンフレットを手に入れた。後で判明したが、車内の真ん中くらいに置いてありました。(正直混んでいると分からないです)

謎1〜謎3の手がかり取得

謎1の手がかり取得

 目的の駅は瞬殺レベルの問題です。が、線路の絵の意味を誤解してしまい、遠回りをしながら「手がかり」を取得した。

謎2の手がかり取得

 謎1と同様に、目的の駅は瞬殺レベルの問題だ。しかし、「手がかり」がごちゃごちゃしたところに小さくあるので、見落としてしまいかもしれないのでご注意を・・。

謎3の手がかり取得

 謎1・2と同様に、目的の駅は瞬殺レベルの問題だ。「手がかり」も迷うものはなし。

3つの手がかりが示す場所とは?

最後の問題も悩むことはない。指定の駅はすぐにわかるし、指定の建物もすぐにわかる。私たちは昼食の時に休憩もかねて「マップ」アプリで探した。ついでにナビも設定し迷うことなく「宝物」を探し、最後のキーワードをゲットしゴールした。

 最後に報告書に戻り、発見者賞として「東京さくらトラムクリアファイル」とアンケートに答えて「豪華商品」に応募した(期待はしませんが)。このクリアファイルは作りもしっかりとして、なかなかうれしい戦利品だ。デザインも萌え系なので本物の宝物になるかもしれない(参加費も無料だし)。

 今回の参加で一番楽しかったのは、人生で初めて都電荒川線に乗車したことだ。路面電車が懐かしく感じた(私は函館出身!)。これまで、北区周辺で小さな範囲をカバーしていると思っていたが、池袋まで伸びていて驚いた。特に「東池袋四丁目」という駅があり、小さく「サンシャイン前」と案内されている。逆にちょっと悩んだのは謎解きの開始時間の問題だが、昼食をどこでとるか悩んだ。駅といっても小さな駅ばかりで、家族で入れるような店があまりなく、結局は「王子駅」が休憩ポイント的となっていた。最初は「東池袋四丁目(小さく:サンシャイン前)」も検討したが、乗車中にサンシャインを探したが、小さく見えたので結構歩きそうなので・・・。

 まっ、無料の謎解きなのでこんなもんですね。

謎解き評価

謎解時間 :約5時間(昼食含む)
謎解難易度:★1(満点★5)
謎解感動度:★2(満点★5)
金額   :0円(1日乗車券は400円)
良かった点:クリアファイルが萌え系でした。(初めて都営荒川線にのった)